本日は昨日の続きで選挙区について、多摩区編です。
昨日のブログでは、「明日」と書きましたが、日付が変わってしまいました。
私の妻は、1年ほど前から多摩区内で仕事をしています。
その関係で、選挙区内に移り住む前から、妻から多摩区の話を聞いたり、訪問したりしています。
やはり、多摩区は生田緑地と多摩川に代表されるように自然の豊かなところだと思っています。
下りの小田急線で多摩川を渡るとき、見晴らしが素晴らしく、くっきりと映える富士山は本当に美しいですね!
先日訪れた生田緑地も、宙と緑の科学館の前の広場では子供たちの歓声で溢れており、次世代を育む素晴らしい環境であることを改めて実感しました。

広く、緑あふれる最高のキャンパスで学んでいる学生さんたちも多く、多摩区は川崎市内でも単身者の多いところとして知られています。
朝の向ヶ丘遊園の駅は学生さんで賑やかですよね。
そして、商店街で感じる人の温かさ。
多摩区には昔から変わらずに引き継がれてきた良さと若い息吹が調和していると思います。
妻は、仕事では多くの近隣の方々に支えられており、感謝していると、日頃から良く申しています。
私たち家族が日々お世話になっている多摩区のみなさまにご恩返しをする機会を持てたことはこの上なく光栄なことだと思っています。

微力ではございますが、地元の方々にご恩返しをし、貢献することができれば大変幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

みんなの党神奈川県第9区支部
支部長 椎名つよし